宗家相神浦
山本 右京
やまもと うきょう
 

宗家相神浦の古くからの家臣。
宗家相神浦の降伏により、有田の唐船城へ追いやられた形になった五郎盛の相談役として有田にいたが、五郎盛の飯盛城攻めの計画を知り、密告を決意した。
夜更けに5歳の子と妊娠中の妻オサエを連れ、西の岳へと向かった。一月で雪の積もった峠越えは妻と子には厳しく、転んだ拍子にオサエは産気づいてしまった。運良くあった木こりの家にオサエと子を預け、自らは飯盛城へ走った。
報告を聞いた城方は柚木の相当ヶ原で五郎盛の軍勢を迎え撃ち、勝利した。
謀反を知らせたあと、西の岳の木こりの家へ引き返したが、十分な処置ができなかったのだろう、オサエは産後の出血が止まらず帰らぬ人となっていた。右京はその側で泣いている赤子を抱き、妻の亡骸に手を合わせた。
針尾攻めにより、手薄になっていた飯盛城、右京の知らせがなく、不意打ちされれば、城を奪われていたかもしれない、難攻不落の要塞である飯盛城。城内に詳しい五郎盛に一度奪われれば、取り戻すことは困難だったであろう。そうなれば佐世保の歴史はまた大きく変わっていたのかもしれない。
妻オサエを犠牲にした右京の行いは良かったのか悪かったのか、少なくとも平戸家にとっては大変に助かった行いだった。その後は飯盛城の家中として迎えられ、褒美として小三河という集落を一村惜しげもなく与えている。

佐世保市筒小舟
山本家墓地内

型:板碑