有田唐船城 城主
松浦丹後守 盛
まつうらたんごのかみ  さかり
[???〜???]
別名:五郎盛(左高さこう)
 
宗家相神浦 第16代当主、丹後守親の跡継ぎとして島原の有馬から相神浦へと養子としてきたが、平戸による飯盛城攻略により、平戸からやって来た九郎親にその座を奪われることになる。
その後有田の領主となり、相当ヶ原合戦井手平城合戦などで再三にわたり平戸を攻める。
しかし、最後まで領土を奪い返すことは出来なかった。